ABOUT US | Kizuna WEB

こどもたち支援「絆プロジェクト2030」とは・・・
平成23年3月11日に発生した東日本大震災により、両親・父もしくは母を亡くした子どもたちが1000名を越える可能性があると言われる中、被災地の復興活動は進んでいるものの、被災したこどもたちの心のケアが遅れている状況を目の当たりにし、「被災したこどもが未来に夢と希望を抱ける環境づくりを支援するのは被災しなかった大人たちの責任」と考え、震災から2週間後の3月25日に支援活動を開始しました。

 平成23年5月には、過去のスリランカ津波やジャワ島中部地震、サモア地震などの被災地において活躍した、世界的にも有名な心のケアの専門家集団フォーチュネイト・ブレッシングス財団(FBF財団)と共に気仙沼市、石巻市及び仙台市に赴き、プレイセラピー活動や文房具等の支援物資の贈呈活動を行いました。
その後はFBF財団の指導を受けて、絆プロジェクト2030内にエクササイズ・チームを構築。毎月のトレーニングを積むこの「Kizunaこころのエクササイズ」は、現在、石巻市立小学校での授業カリキュラムとして導入が実現し、2012年5月より訪問活動を実施しています。

 現在では国内外ボランティアスタッフ約150名、サポーター約500名、そして様々な分野のスペシャリスト・アーティスト・パフォーマーの皆さまのご協力・ご支援をいただき「キャンプボランティア」や「復興チャリティーイベント」、「教育関連の物資支援」などの活動を通じて、被災地のこどもたち・お父さま・お母さま、支援する方々を繋ぎ、たくさんの笑顔が生まれています。

 わたしたちは、0歳児が18歳になる2030年まで、こどもたちの支援活動を続けてまいります。

What Kizuna Project 2030 is...
Those children who lost one or more parents in the Great East Japan Earthquake could exceed 1000. The recovery of the impacted area is progressing rapidly. However, the care of these children’s Psychological stability is still not being addressed. Two weeks after the earthquake, Hideki Nagano founded Kizuna Project 2030, thinking that the creation of an environment in which these children can maintain their hopes and dreams is the responsibility of adults not affected by the natural disaster.

In May of 2011, Kizuna, combined with Fortunate Blessing to provide Play Therapy and art supplies in Kesennuma City, Ishinomaki City, and Sendai City. Fortunate Blessing is a well known professional group for child psychological care. The organization previously contributed to areas impacted by past earthquakes such as Sri Lanka, Jawa Central, and Samoa. After this, Kizuna 2030 made an exercise team as instructed by Fortunate blessing. This exercise team, “Kizuna Mind Exercise”, is currently being used as the curriculum in the Ishinomaki elementary schools and the team has visited schools since this May.

Now, there are 150 volunteers both in and out of the country, 500 supporters, and varied specialists,artists, and performers supporting our organization. Through many camp volunteers, fund raising events, and donation of school supplies, connections are being made with all of the impacted children, parents and volunteers and smiles are being born.

We will continue to support these children until 2030 when the today’s infants will reach age 18.

Translated by Jacob & Chiyoko Butcher