絆プロジェクト2030とは

こどもたち支援「絆プロジェクト2030」とは、
東日本大震災から2週間後の2011年3月25日に支援活動を開始しました。     「Kizunaこころのエクササイズ」は、2012年4月より小学校・中学校授業のカリキュラムとして導入され、学校訪問活動でこどもたちと交流しています。震災時お腹にいた赤ちゃんが18歳になる2030年迄、こどもたち支援&交流活動を続け「生きる力」を伝えて参ります。

2015年よりシングルマザーのこどもたち、スペシャルニーズのこどもたち、児童養護施設で生活をしているこどもたちへの支援活動も始めました。        

2016年 熊本地震直後の緊急支援活動、7月には保育園・幼稚園・小学校・中学校へ訪問し、東日本のこどもたちと東京のこどもたち1,000人からの応援メッセージを届けました。
2017年九州北部水害直後の緊急支援活動、12月には幼稚園5か所にクリスマスプレゼントを贈りました。

2018年4月 私たちのプロジェクト「パラアスリート応援バリアフリーSHIBUYA2020」が、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 「東京2020大会参画プログラム」認証されました。2020年「心のバリアフリー」を世界に発信します!

最新情報

2018年11月07日
絆チャリティー駒与志落語会「恵比寿寄席」第七回開催します
2018年11月07日
2018年「クリスマス募金]
2018年10月20日
ウィルチェアーラグビー@青山学院大学リアル観戦応援
2018年10月07日
10月6日パラリンピック応援フェスタ2018開催しました。
2018年09月29日
応援チーム合唱団WS開催しました
» 続きを読む